ヨガ数秘で見るフィギュア金メダル


オリンピックも感動のうちに閉幕ですね😃
この週末は、タイラー・モンガン
ヨガ数秘学WSの通訳をされている
YUKOさん主催の
数秘学勉強会に参加しました。
会場の広尾邸には、素敵な調度品がいっぱい💕
広尾邸の調度品

可愛すぎる仏陀像💓

広尾邸の調度品

羽のある猫の絵も飾ってありました😸

 

勉強会のテーマは、数字「11」について。
11は、自分とスピリチュアルなものとの
つながりを指す数字で
1から10までのすべての数字を含む
という意味もあります。

 

私のヨガ数秘チャートには2つの11があり
人生の課題や資産として大事な数字なんです😊
特に最近は、カードリーディングや
エネルギーワークをする中で
スピリチュアルなものとの
つながりが多くなり
ますます意味のある数字になってきました。

 

11は今年の
グローバルイヤーナンバーでもあり
時代はスピリチュアルに動いています。

11をどう生かして人生を楽しみながら
世の中の役にたっていくか…
私のこれからの課題なんですね😊

数秘学勉強会集合写真

気づきのシェアの中で、
平昌オリンピック
フィギュアスケートのメダリスト
羽生結弦選手と宇野昌磨選手のチャートを
みんなで見てゆきました。

 

日本のフィギュアスケート選手で
ある程度の成績を残している選手は、
浅田真央ちゃん以外、みんな
ヨガ数秘学チャートの真ん中にある
レッスンナンバーが3なんですよね〜。

 

3はとてつもなくポジティブな子供の数字、
コーチに可愛がられて伸びてゆく
どんな状況下でも前向きでいられる
そんな3の特性が
結果を出す力になっているのでしょう。

 

羽生結弦選手のチャートにある
競争意識、パワー、エネルギーが強く
恐怖心や弱気を持たない8と
表現する、メッセージを伝える7、
それらも金メダルを獲得するために
働いた数字なんだと思います。

 

とっても奥の深い数秘学、
これからも勉強を続けて
数字と仲良くなりたいなぁ〜🤗

 

猫的エイジレス美人になる!
キャッツメソッド7日間無料メール講座
詳細・登録はこちらから🔻🔻🔻😀

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です