内股は可愛くない!


突然ですが、女性が内股で立ったり
歩いたりするのを可愛いと思いますか?

 

日本には和服の文化があって
着物姿だと、どうしても内股になりやすく
それが女らしくていいという風潮があり
若い女の子は、ひどいO脚の内股でも
カワイイと思っているかのようですね😓

 

でも、実はそれが下半身太りや
膝の故障の原因になんです😫

 

股関節から膝を内側に向けてねじると
可動域が制限されて、筋肉によけいな
負担がかかって歪んでしまうだけでなく
リンパや血液の流れまで悪くなって
しまうからです😨

バレエダンサーの立ち方

バレエダンサーは、股関節から膝を思い切り
外側に向けて外旋し、膝とつま先は同じ
方向を向いています👆

 

これが一番股関節の可動域が広がって
足にねじれや歪みができない使い方です😃

 

特に私は内股じゃないわ、と思っていても
しゃがんで立ち上がる動作をしてみて
そのときの膝の向きを確認してみて下さい。
内側を向いていませんか??

 

実は、私も油断していると、イスに座って
いる時やものを拾おうとしゃがんだ時に
膝が内側に向いてしまっていました😅

 

日常生活の何気ない動作が、体の歪みを
引き起こし、おばさん体型を作り出して
しまっているんですね🙀

 

今日から内股は封印して、
膝を曲げる時には、必ず
「膝とつま先を同じ方向に向ける」
ことを意識してみましょう🙂

猫のラフィエル

ひざとつまさき、おなじ向きにゃん😸

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です