KimiKoのプロフィール


KimiKoヨガポーズ

私は一卵性双生児姉妹の妹で小さく生まれて病弱だったため、3才の時に近所のモダンバレエ教室に通いはじめました。バレエは小学校卒業まで習い続け、なんとか丈夫になってほしいという母の望みどおり風邪もひかなくなり、体の使い方の基礎が身についた貴重な10年間となりました。

性格はおとなしい反面、気が強いところもあり、こうと言い出したら絶対きかない子だったと母には言われます。

 

そんな私でしたが、人生の試練は2回あり、ひとつめは、大学時代。もともとアレルギー体質でアトピー性皮膚炎があったのですが、かなりひどくなってしまい、首回りから顔がただれて赤くなり、見た目も悪いし、かゆみで夜も眠れない日々が続きました。

ふたつめは、離婚を決意したものの思春期の息子たちに父親が必要だと思い、仮面夫婦を続けていた頃です。必要なこと以外口もきかないのに対外的には普通の夫婦を演じ、いつもストレスを感じていました。

 

大学時代の試練はエアロビクスの母と言われるジャッキー・ソーレンセンのプレコリオプログラム「アロービックダンス」に出会ったことが乗り越えるきっかけになりました。アトピーがひどくなって眠れない日々が続いたりした時も、アロービックダンスをやってる間だけは楽しくて辛いことは忘れられ、運動の習慣ができてアトピーもすこしずつ快方に向かっていったのです。

大学卒業後、就職してもアロービックダンスは続け、職場が副業禁止ではなかったので、私もこの楽しさを伝えたいと24歳でインストラクターになりました。メインの仕事をしつつ夜に週数回のレッスンを続け、妊娠・出産で2度休職しましたが、現在は週2日、カルチャーセンターでクラスを持っています。

 

仮面夫婦の生活は、下の子が大学生になるのを待って離婚に踏み切って終了しましたが、スキルアップのために入会したフィットネスクラブでのレッスンに助けられました。格闘系レッスンはストレス解消になり、ヨガではバレエを習っていた頃の体の柔軟性を取り戻しつつあるだけでなく「〜でなければならない」という考え方を手放して心の柔軟性が増したことで、とても楽に生きられるようになりました。

そしてヨガの奥深さにどんどん嵌ってしまい、10ヶ月かけて全米ヨガアライアンスRYT200を取得しました。イベントレッスンをしたり、昔からのお友達が会長を務めるボクシングジムでヨガクラスをさせて頂きながら、ヨガの可能性をもっと深め広めるために、たまごヨガやヨガ数秘学、ヨガ哲学など、さまざまな勉強を続けています。

 

この試練によって、私は日常的に体を動かすことの大切さ、いくつになっても体は進化するということ、体が変わると自然に心が変わっていくことを実感しました。そして自分の人生を生涯主役で楽しく生きるためには、魂と、その乗り物である体をきちんとケアしてあげることが必要不可欠だとわかったのです。

 

私はHanako世代です。
1988年に創刊された雑誌「Hanako」から名付けられた「いつまでも一人の女性として輝く自分」でありたい世代です。
女子大生ブームや女性登用機運に乗って時代をリードしてきた私たちHanako世代は、子育てもほぼ終了し、日常生活をアップグレードできるようになりました。私は共感できる同世代だからこそ、Hanako世代の「これから」を応援することで自分の人生も豊かにしたいと思っています。

 

離婚を決めた時、将来の仕事を考えました。
そして、引き寄せられたようにパワージュエルセラピーに出会います。体験会に行ってスゴイ!と思い、美容系〜ボディ系の全ての資格を取得してエナジスト、マスターセラピスト、リボーン整体師になりました。体からのメッセージを受け取り、エネルギーを使って調整力や回復力を目覚めさせ、自分の力でキレイに健康に再生するアシストは、ヨガとも通じるものがあり、体のメンテナンスとしてこれ以上のものはないと確信しています。

 

エネルギーを扱えるようになって、花と宝石のエネルギーを併せ持つフラワーエッセンス、ゼリツィン®︎エリクサーのセラピーセッションも取り入れるようになりました。自然療法の基準が厳しいドイツで「人と動物のための医療セラピー」として公的に認可されている確かな品質のエリクサーは、表層意識と潜在意識のどちらにもアクセスでき、肉体と精神を同時に癒す驚異的なパワーを秘めています。開発者のエリザベート・ゼリン女史に直接学ぶディプロマセミナーを修了し、正式販売パートナーになっています。エリザベートの理想とする「救急箱のように、一家に一そろいのエリクサー」の実現を目指して、エリクサーの輪を広げていきたいと思っています。

 

息子たちが独立し家を建て替える計画が持ち上がった時、いよいよ時が来たと思いました。
一軒家の猫が暮らすリビングで、友達の家に来たようにリラックスして受けられるプライベートなレッスンとセラピー。Hanako世代のあなたがずっと元気に暮らしていけるように、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドで心と体のケアができる場所を作りたい。
設計段階から猫仕様をいろいろと取り入れた家が完成し、癒しのサポートスタッフとして3匹の猫を迎え「月と猫の窓」ができました。

 

Hanako世代は、創刊時のHanakoのキャッチフレーズが「キャリアとケッコンだけじゃ、イヤ。」だったように、昔から欲張りでした(笑)。妻・母・嫁・娘・主婦というばかりでなく、社会の中で輝く一人の女性としていつまでも咲き続けたい。自分に自信を持ち、年齢を感じさせない美しさを身につけ、積極的に外に出て楽しみたいから、体力も欲しいですね。そこに寄り添ってくれる猫がいたら、それこそ最高ではないでしょうか!

 

「月と猫の窓」でのレッスン、セラピーは、基本的に全てプライベート。サロンの玄関で人懐こい猫がお迎えし、癒しの空間へご案内します。ご自身の体や心の状態とご希望に合わせて、自分の本来持っている力でなりたい自分になっていくサポートをさせていただきます。

高齢化社会に向かう今、Hanako世代が猫のようにしなやかな体と強い自分軸を持ち、元気で豊かに過ごすことで、新たな輝くステージが開かれていくに違いありません。

どうぞよろしくお願いいたします!

 


 

<保有資格>
全米ヨガアライアンス RYT200
Gate8
認定たまごヨガティーチャー
日本アロービックダンシング専任インストラクター
パワージュエルⓇエナジスト
パワージュエルⓇマスタースタイリスト
パワージュエルⓇリボーン整体師
ゼリツィンⓇディプロマセミナー修了
ゼリツィンⓇ正式販売パートナー
HO’OLOKAHI YOGA NUMEROLOGY TRAINING LEVEL2修了
FLAネットワーク協会認定食生活アドバイザー
日本愛玩動物協会認定愛玩動物飼養管理士
動物取扱責任者
食品衛生責任者
猫の森・猫の學校修了
東京消防庁普通救命講習修了
杉並区救急協力員

 


<動物取扱業者標識>
氏名 田島貴美子
事業所名称 月と猫の窓
事業所所在地 東京都杉並区松庵三丁目247
種別及び登録番号 展示 15東京都展第004968
登録年月日 平成28325
有効期間の末日 令和3324
動物取扱責任者 田島貴美子