認知症予防には有酸素運動!


今週のNHK「ガッテン!」のテーマは、
「これが世界最先端!認知症予防SP」

ガッテン!猫のライト

今や、高齢者の4人に1人が認知症、
その予防の研究で見つかったポイントは
脳の活動により生まれる老廃物アミロイドβ
通称“脳のゴミ”をきれいに洗い流すこと、
なのだそうです。

 

まず質のいい睡眠で脳のゴミを排出し、
同時に脳の神経細胞を活性化するのが
効果的な予防法ということです。
その3本柱のひとつが有酸素運動(^o^)

 

有酸素運動により神経細胞を活性化する
ホルモンが分泌されたり
アミロイドβの分解酵素が増えたりし、
さらに運動した後はよく眠れるため
脳のゴミの排出が促されるそうです。

猫のラフィエル寝姿

まず眠ること、というのは意外でしたが
私はベッドに入って3秒で朝まで爆睡だし
長年カルチャーで指導してきた
アロービックダンスも有酸素運動だから
認知症予防はバッチリ!かな✌

 

ヨガもやり方しだいで
有酸素運動になりますよ(^_^)v
「月と猫の窓」では、アロービックダンスの
筋トレパートを取り入れた
コアメイクヨガクラスがあります❣

 

楽しい運動が認知症予防になるなんて
オトクですよね〜😆
心地良い疲れで、ぐっすり眠れば
さらに効果的なんて一石二鳥🎵

 

認知症予防にはコミュニケーションと
知的行動もよいそうで、
アルツハイマー病が予防できる
マインド食という食事法も研究中だそう。
詳しくはNHKのHPへどうぞ(^^)

ヨガクラスのご予約はこちら

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です