伝説のロックバンドのボーカルがエイズになった理由


夢先案内セラピストKimiKo です。
_
_

あっというまにお正月🎍も過ぎ、
明日は鏡開きですね😊
お休みは、
何をしてお過ごしでしたか😸❓
_
_
松庵稲荷神社

_

私は、元日に、近所の神社に
初詣に行きました。
_

狐🐱のミイラが祀られているという
小さな稲荷神社⛩で、
とても良い氣が流れている場所です。
_
_

そのあとは、家で一人映画鑑賞会😂
録画したまま見られずにいた映画を
猫を膝にのせて見ていました。
_
_

_
🔸「旅猫リポート」
🔹「翔んで埼玉」
🔸「ボヘミアン・ラプソディ」
🔹「リメンバー・ミー」
_

_

どれも良かったんですけど、
伝説的ロックバンド
「クイーン」のボーカリスト、
フレディ・マーキュリーを描いた
「ボヘミアン・ラプソディ」
について、お話ししたいと思います👆
_
_
特にファンではなかったんですが
私も1970年代〜80年代は、
日本でもすご〜くヒットしていた
クイーンの曲をよく聞いていました。
_
_
「ボヘミアン・ラプソディ」という
曲がオペラを模して作られたことや
フレディが自宅で
猫をたくさん飼ってたことは
映画を見てはじめて知りましたね〜😄
_
_
フレディ・マーキュリーと猫

_

この映画の一つのテーマは
「本当の自分」
_
_
映画の中盤で、
孤独に悩むフレディは
パーティー三昧の生活に溺れ、
そこでジム・ハットンと出会います。
_
_
恋愛感情を抱いたフレディに対し、
ハットンは
「本当の自分を取り戻すことが
できたら再会しよう」
言って去って行くのです😥
_
_
その後、ケンカ別れして
一度は離れたクイーンに戻った
フレディはハットンを探し出し、
二人はフレディの生涯の最期まで
添い遂げることになります💖
_
_
ボヘミアン・ラプソディ

_

「自分ではない何かに
なろうとすること。
それが人の苦しみの始まりである」
_
_
インドの修行者、
U.G. クリシュナムルティの言葉です。
「本当の自分」とは
自分を変えることでなれるもの
ではないのですね。
_
_
変わらなければいけない
ということは
今のままの自分ではダメで、
何か別ものにならなければならない
ということ。
_
_
フレディは、名前まで変えて
「自分ではない何か」になろうと
していましたが、それが
彼の苦しみの始まりだったんです😪
_
_
本当の自分を取り戻すために
必要なことは、
自分を変えたり
高めていくことではなく
ただ、今の自分を
私はこのままでいい、と
認めること🤗

_
_
伝説のロックバンド、クイーン

_

フレディはエイズ感染合併症による
肺炎で亡くなるのですが、
リズ・ブルボー「自分を愛して!」
よると、
エイズは⬇のように記されています。
_
_

_
エイズは
自分を愛することができないために
性行為をすることで
相手から受け入れられている、
愛されていると感じたい人たちが
かかる病気なのです。
_
_
自己評価が非常に低い彼らにとって
エイズは罪悪感を中和させるための
自己処罰の手段になっています。
_

_
_

フレディも、まさに
このとおりだったのではないかしら。
_
_

エイズになれば、
自分が唯一、愛されていると
感じられる行為(=sex)が
できなくなる。
_
_

それが、
愛することができない
自分への罰ということ💀
_
_
なりたくてなったんじゃないと
顕在意識では思っていても
フレディの潜在意識は
エイズになることを
望んでいたというわけです😰
_
_

潜在意識を知って、夢を叶える
無料メール講座はこちら🌟

無料メール講座バナー

_

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です